過度な運動を避ける

過度な運動を避けなければならない理由

脱毛をした後に過度な運動をしてはいけない理由として、肌に炎症を起こしてしまうことが挙げられます。脱毛をした後に激しい運動をすると、施術で傷ついた肌が悪化する可能性があります。同じような理由として、脱毛後には大量の汗をかくこともNGです。人間の肌は非常にデリケートだと言われています。肌が炎症を起こすと、脱毛した部分が赤くなってヒリヒリとした痛みが生じます。この痛みを放置すれば、夜寝るときや服を着替えるときにかなり辛くなるでしょう。運動を日課として頑張っている方もいるかもしれませんが、脱毛をした後は絶対に過度な運動をしないよう気をつけることが大切です。デリケートな肌をしっかりと守るようにしましょう。

脱毛後はいつから運動ができるようになるのか

基本的に脱毛をした後は3日間空けると運動ができるとされています。しかし、これはあくまで一般的な期間であり、いつから運動できるかは個人差によります。まずは、施術したクリニックやサロンの担当者にいつから運動をすることができるか確認しましょう。不安であれば、1週間程度安静にしているのも1つの手です。また、不安でなくとも激しい運動をする場合には、同じく1週間程度の運動しない期間を設けた方がいいでしょう。運動の度合いによっては、例え数日間安静にしていても負担がかかってしまいます。もし、十分期間を空けていたのにもかかわらず、痛みが生じたらすぐに冷やさなければなりません。クリニックでもらった塗り薬も対処法の1つです。