日焼けをしない

なぜ日焼けをしたらダメなのか

脱毛をしている期間は、日焼けに注意する必要があります。こんがり日焼けした肌からは、健康的なイメージを抱きがちですが、実は肌が火傷を負っている状態に近いため、注意する必要があるのです。日焼けでダメージを受けている肌は些細な刺激でも影響が大きく、思わぬトラブルにつながってしまうこともあります。そのため、脱毛と日焼けが重なることで、肌がガサガサに荒れたり、赤くなったりなどのような症状が出てしまう場合もあります。また、脱毛機器には毛の黒い色素に反応するタイプのものが多く、肌が黒いと毛だけではなく肌に反応してしまうことも。うまく脱毛効果が得られないだけでなく、肌が痛みを感じやすくなる原因にもなるのです。

日焼け対策はどうしたらよいのか

日焼け対策には、これだけしておけば完璧と言えるものはありません。まずは日焼け止めクリームをしっかり塗ることが大切です。曇りの日でも紫外線は降り注いでくるため、欠かさず塗るようにしましょう。日焼け止めクリームは、その効果の高さに応じていくつかの種類に分けられています。効果が高くなると肌への負担も増えていってしまうため、その時の状況に合わせながら使い分けていくようにしましょう。また、日傘や帽子など紫外線から身を守るためのグッズも活用し、日焼けから身を守っていきます。UVカットの羽織りやアームガードなど、様々な日焼け対策グッズがあるため、ライフスタイルに合わせたものを取り入れてみてはいかがでしょうか。