保湿を忘れない

保湿をしないとどうなるか

脱毛サロンや医療脱毛を行っている人は、脱毛前後の保湿を忘れないことが大切です。脱毛は熱を加えてメラニン色素に反応させ、発毛細胞を壊すことで毛が抜け落ちるという仕組みで行うため、毛根の周辺の皮膚にも熱の影響が及びます。そして、皮膚組織には元々水分が多く含まれているわけではないので、保湿をしていないと火傷しやすくなります。また、肌のバリア機能が低下することで、炎症やかゆみが生じたり、アレルギー反応を起こすこともあるため、肌を守るために保湿が重要です。加えて、お肌の保湿が十分されていないと、スケジュール通りに施術ができなくなる可能性があります。お肌の状態が悪いことで、施術時の熱量や出力を下げざるを得ないからです。

どのように保湿すると効果的か

効果的な保湿方法は、まず化粧水など潤いの元となる水分を、手のひら全体を使って十分につけ、水分の蒸発を防ぐために乳液やクリームなど油分でふたをすることです。使用する化粧水や乳液・クリームは、お肌への刺激が少ないものを選ぶと良いでしょう。日ごろから保湿に努めることは大事ですが、施術のスケジュールに合わせた対応も大切です。施術の3日ほど前からは、飲酒やサウナなど脱水するようなことは避け、化粧水を重ね付けしたり、太い毛が生えている部分を念入りにケアするようにします。 さらに、施術当日の施術前は、保湿をしないことで施術の効果を最大限にし、脱毛機器類による無用なトラブルを避けるようにします。そして施術後は、アルコールや油分が少なめの化粧水やクリームなどで優しく保湿することに心がけます。